BIJIN-GA

2018_redhatingold_w.png 2019_redribbon_w.png 2014_rangold_w.png

BIJIN-GA

2018_redhatingold_w.png 2019_redribbon_w.png 2014_rangold_w.png

ICHIRO TSURUTA: BIJIN-GA

 
私が現在のような美人画を描くようになったのは、もともと女性を描くのが好きであったのと、もう一つは、その頃まで描いていた、スーパーリアルな西洋的表現の絵を私自身が描き続けていく事の意味を失いつつあったからだ。つまり、自分の中の感性や美意識が、日本的な物へ向き始めた事にあったと思っている。

私は、桃山時代末期から江戸時代初期に活躍した本阿弥光悦、俵屋宗達に始まったとされる琳派の作品が好きだった。大胆でリズム感ある構成など優れたデザイン性や装飾、単なる写実にとどまらない作家の感性に基づく繊細な表現が魅力だ。
琳派や浮世絵だけでなく、アールデコの様式なども合わせて新しい美人画ができないか?思いが膨らんでいった。

 

モノクロームな夏
2014

Acrylic on board
574 × 490 mm


 
 

乱/Gold
2014

Acrylic + Pure gold leaf on Japanese paper panel
727 x 606 mm


 

白拍子
2015

Acrylic + Gold mud on board
728 x 515 mm


  

華の女
2016

Acrylic on board
1000 × 800 mm


 
 

私に帰るとき
2016

Acrylic on board
387 x 727 mm


 

薔薇と月のアニバーサリー
2017

Acrylic + Gold mud on board
728 × 515 mm


 

白日の月
2017

Acrylic on Japanese paper panel
530 × 727 mm


 
 

追憶の光
2017

Acrylic on board
530 × 455 mm


 
 

Red Ribbon
2019

Acrylic + Pure gold leaf on Japanese paper panel
455 x 379 mm


 
 

Red Hat in Gold
2018

Acrylic + Pure gold leaf on Japanese paper panel
410 x 318 mm